スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
コンプガチャは廃止の方向ですか
2012-05-10 Thu 05:51
 昨日、ソーシャルゲームの配信大手は一斉に今後の「コンプガチャ」を廃止する方向で話を進めているみたいですけど、個々でやっているソフト会社やPCのコミュニティーサイトではまだ規制を発表していないところもありますが、今後の発表やメンテナンス明けの更新で、順次対応されていくんじゃないでしょうかね。

 それにしても、今回のニュースでも度々耳にする「景品表示法」っていう消費者庁が定める法律のひとつなんですけど、現行の法律では「コンプガチャ」自体は「実物」の取引には当たらないにしても、「射幸心」を煽ることがマズイよねって事で、今回は大きな問題になっているんですけど…

「景品表示法」を知らずに運営していた信じられない「サイバーエージェント」というアメーバピグを運営する会社があります。。。Webニュースで、この関連記事を読んだ時に法律もロクにしらべずに運営していること自体が信じられないと思いました。

 最近の流行りだから、同じ手法を使って儲けようって安易な考えで相乗りしたんでしょうな。確かに法律で規制や罰則を受けていないならマネしても平気だって思う人達もいるかも知れない。それでもお金を取って「運営」するんなら、最低限法律くらいは調べてから「運営」して欲しいもんだ。理解した上での運営と理解していない状態で運営するのは、雲泥の差がありますからね。。。

 ソーシャルゲームでは「コンプガチャ」の廃止を決めましたが、ひとつ規制したところで他の課金手法や新しい課金手法が出てくると思うので、これはイタチごっこになると思います。早い段階で消費者庁がしっかりと新しい法律を策定して施行するべきですな。

 また、昨日の遅くに「ステレスマーケティング」も景品表示法に触れる可能性があるとニュースになってました。でもこれを見抜くのは、かなり難しいところだと思うんですよね。仮にステマをしていないお店で買物や飲食したお客さんがクレームを付けた時に、「評判通りじゃなかったから、あなたのお店はステマしているでしょ!」っとなったらお店側はどうやってステマをしていないことを証明しないといけなくなるのか・・・絶対言いがかりを付けて来る客が増えるに違いない。特に関西での接客業はクレームが日常茶飯事だから、それに油を注ぐようなものになるんじゃないかな。うーん色々大変な事になって来ましたな。

 今後もこの話題にしばらく注目したいと思います。ほいでは今日の更新はここまでとしたいと思います。

 ではではまた明日ノシ
スポンサーサイト
別窓 | ゲーム全般 | コメント:0 | top↑
<<眠くて堪らん。 | 月光の森 | 今日明日の天気も大荒れかも知れない。>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| 月光の森 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。